トップ > いろいろな活動 > 学校との連携

向上高校の応援

日向の谷戸田での米づくりに、市内の向上高校の先生や生徒が汗を流しています。これは、東日本大震災の被災地への救援物資として農産物の一部を送る取り組みに賛同していただき実現しました。伊勢原市の2011年オーナー制度の活動日に日向の谷戸田に応援に駆けつけていただいています。



日向の森での作業に参加した向上高校生

2012年2月12日 3月に陸前高田に出かけて仮設住宅の傍に「お茶っこスペース」を建てることになっています。今日はその準備のために向上高校から5人の生徒さんが駆けつけてくれました。


柱や梁などの準備

日向の森で、皮むきの終わった間伐材を設計寸法に切断します。重い丸太を、足場の悪い林内で運ぶのも大変な作業です。これらの木材は「お茶っこスペース」の柱や梁、桁などになります。


テーブルの天板の皮むき

丸太から切り出した板の側面の皮を剥く作業です。この板は「お茶っこスペース」の中に作るテーブルの天板になります。