トップ > いろいろな活動 > 対外活動

外部団体との 環境についての「学び」や「活動」

2016年10月29日
丹沢大山自然再生シンポジウム

◆「混交林と野生動物 共生の森づくり」と題して
山口理事長が“生息場所”を確保しようとする当会の取り組みについて報告しました。

2016年7月10日
竹粉砕機(チッパリーナ)の貸し出し

◆竹粉砕機を『湘南二宮・ふるさと炭焼き会』さんに貸し出しました 。

2014年6月1日
保育園児も田植え体験

日向の谷戸田の田植えの日、横浜からNPO法人平伸学園小鳩保育園の園児の皆さんがやってきました。田んぼで田植えをしたあと、カエルやオタマジャクシをとったり、ブランコで遊んだりしました。
ビデオもご覧ください。

2012年3月9日
仮設の集会所 住民が建設

◆ 岩手日報に掲載

住民の方々は「みんな集まって、飲んだり食べたり楽しい場所を作りたいね」と完成を心待ちにする。
「災害復興支援活動」もご覧ください。

2012年3月2日~5日
被災地に「お茶っこスペース」

◆ タウンニュースに掲載

「お茶っこスペース」建設の話題が掲載された。当会は「いせはら災害対策市民会議」の主要メンバーでもある。「災害復興支援活動」もご覧ください。

2011年12月3日~5日
災害復興支援活動

◆ 陸前高田の仮設住宅へ日向のお米や野菜を届ける

2011年11月27日
旭硝子(株)CSR活動受入

◆ 第三回 森林ボランティア活動

2011年11月9日
山口寿則理事長が昨年に続き日本大学で特別講義

◆ 森から里へ
  - 小さな地域の大きな実験 -

2011年8月10日~15日
災害復興支援活動

◆ 陸前高田の流木を利用したベンチ作り

2011年2月6日
かながわの水源環境保全事業に関する県民フォーラムが開かれ、山口寿則理事長がパネリストとして登壇、会員多数が参加

◆ 第12回県民フォーラム
  - 森林とシカの一体管理(野生動物との共存) -

2010年11月24日
山口寿則理事長が日本大学で特別講義

◆ やっぱり森林が好き 森林に恋して!
  - ボランティア活動のすすめ -

旭硝子(株)CSR活動受入

2010年11月21日
◆ 第二回 森林ボランティア活動

2010年9月19日
◆ 第一回 森林ボランティア活動

2009年2月8日
里山の荒廃を食い止め、間伐など適度に人手を加えることによって、多様な生物が暮らせる森をよみがえらせたい。

◆ 里山再生目指す (東京新聞記事)

2004年4月25日
伊勢原里山研究会から伊勢原森林里山研究会へ改名

◆ シンポジウム 森林の再生と市民活動の可能性
◆ パネラーの発言抄録

2004年2月15日~16日

◆ 木質バイオマス先進地 「岩手県気仙郡住田町」視察