トップ > 研究会の紹介 > 活動記録

2017年12月10日の活動記録


今日は根切りチェーンソーが活躍



根を切りながら土も掻き上げる

支柱を編むように丸竹を横に通す



竹やぶ側

お墓を見上げる



4時半ごろ完成

平成29年12月10日(日曜日) 定例活動

初めて作業記録を書きます。新人の今泉です。
先週までは材料の調達、準備をしてきました。今回は遂に竹垣の設置作業本番です。

◼支柱の穴掘り
設置現場は竹藪の中の墓地です。まず、初投入の根切りチェーンソーで、竹の根を切り刻みます。泥を巻き上げながらの作業です。根が切れたら、そこに巨大なドリルを使いぐるぐる40cm程穴をあけます。

◼支柱を立てる
炭化させて防腐処理しておいた支柱を穴に入れます。支柱は水準器を使い垂直になる様調整します。そして周りの土を突き棒で固めますが、土が腐葉土なので、ガッチリとは固まりません。

◼竹を設置
・基準となる竹のレベル出し
竹が傾かない様、水糸と水準器を使いレベルを合わせます。
・竹は支柱を編むように配置
竹垣のメインとなる竹を支柱に固定します。竹はただ支柱に打ち付けるのでなく、支柱を編む様に配置します。見た目が面白いです。支柱は一面に対して3本か4本です。支柱4本の所は竹がS字に曲がるので、テンションかかりシビア。何本か設置中に割れてしまいました。
・固定
竹にドリルで下穴を開けて、釘で固定します。竹が割れない様に、慎重に釘を打ち込みます。
・上段下段に分ける
竹は上段と下段で分けて設置。真ん中に少し空間が空き、アクセントと多少の開放感が生まれます。

◼完成
5面の竹垣を組み合わせ完成。角の部分はA字型に合わさっています。想像していたより、お洒落に仕上がりました。素敵なデザインです。

◼材料
竹:70本位
支柱(ヒノキ?):13本
釘:200本位

";