トップ > 谷戸田の米づくり: 概要 > 活動日記

活動日記


2018年9月16日(日) 

畦にはヒガンバナが咲き乱れ、黄金色に実った稲穂の上を赤とんぼやオニヤンマ、クロアゲハ蝶などが飛び交っています。

来週23日(日)は第1次稲刈り、みなさまの参加をお待ちしています。


2018年7月15日(日) 虫送り

「虫送り」は、田んぼの害虫を追い払うための伝統行事です。専業農家が少なくなったり農薬の使用もあり、このところ行われなくなった行事です。里山の伝統行事を後世に伝えようと虫送りを再開し、今年で3年目になります。日向神社から浄発願寺までのおよそ1キロを、山伏を先頭に松明を焚いて虫を追いました。保育園の子供たちの虫追いの唄やお父さん方の松明を振っての行進と、大変お世話になりました。

記録動画は YouTubeアーカイブス ページからご覧いただけます。


2018年5月13日(日) 田植え

いよいよ田植えです。揃えた指と親指の間に苗を挟んで植えていきます。慣れるとどんどんはかどりますが、そのうち腰にきます。当初3枚程度の予定を田んぼ5枚に手植えしました。すべて「ひとめぼれ」で、他の田んぼには田植え機2台で「きぬひかり」を植えました。


2018年5月6日(日) 開耕式と第2回シロカキ(代掻き)

谷戸田の米作りがいよいよ始まりました。この日は開耕式、約30人が集まって今後の予定の説明を聞き、田んぼに入って土均しをしました。大きな鯉のぼりが鏡のようになった水面に踊っていました。


2018年4月29日(日) 第1回シロカキ(代掻き)

田植えを前に、トラクターと耕運機で田んぼの土を混ぜ返す代掻きをしました。田んぼの真ん中には鯉のぼりが泳ぎ、谷戸田米作りの皆さんを待っています。

日程は「概要」ページに掲載しているほか、ココをクリックして詳細日程をご覧ください。(エッジでご覧の方は右端の・・・をクリックすると「印刷」があります)